人生初の出張マッサージ! まさかの肩こりが判明!

投稿日 2015年4月23日 木曜日

コメント コメント(0)

先日、マッサージを受けに行ってきました。実は、20代前半のぼくにとって、出張マッサージなんてものは縁のないサービスだとばかり思ってました。友達に肩や腰を押してもらうと気持ちいい、という認識はあったのですが、わざわざお金を払ってまで受けようとは思っていなかったのです。なので、出張マッサージに行くきっかけも先輩のお誘い。奢ってやるから行こう、と彼がぼくに声をかけてくれなければ、きっとこの先20年はマッサージを嗜むことはなかったでしょう。
なにはともあれ初マッサージ。30分で3000円くらいのお店でした。ただ、あいにくとぼくは健康体(だと思っていました)のため、異常のない体を意味もなく指圧されて痛い思いをするのは、例えお金の支払いが発生しないとしても避けたいところ。先輩には申し訳ないですが、選択したのは少しお高め30分4000円のアロマコース。ぬるぬるした液体で体の表面をさするだけならば痛くないだろうという考えでした。我ながらなにをしに来たんだろうとも思いました。
そして実践開始です。
ぼくの狙いは正しかったようです。若い女性の店員の方に、ぬるぬると四肢や背中をさすられる。至福の時間です。とてもリラックスすることができ、ついうつらうつらと……。しかし、15分後に異変は訪れます。眠ることができない。というか、痛い。左の上半身の施術が終わり、右の肩に触れられた時に確信しましたが、出張マッサージされればされるほど痛みが増すのです。まるで、体の毒素を肩のコリコリとした一点に集めるような動きに、これがリンパか、とぼくは関心しました。でも関心したのは少しだけで、後半はほぼ激痛に歯を食いしばって耐えるだけの苦行と化していました。ストレスを解消にしに来たのかストレスを溜めに来たのか分かりません。施術後、店員の方が可愛く笑って言います。肩こってましたねー、と。普段であれば「ええっ、そうなんですか?」と食いつくところなのですが、あいにくと瀕死状態だったぼくは白目を剥きながら「そうですか」としか答えなかった気がします。ただ、びっくりしたのはその翌日。驚くほど肩が軽い。なるほど、肩がこった状態で平常運転を続けていたために気づきませんでしたが、ここまで落差があるとは思ってもいませんでした。これは確かにお金を払う価値がある。経験した人にしかわからない爽快感です。
皆様もぜひお試し下さい。ただし、可愛い店員さんにはなんの罪もありませんので、痛いからってぼくのように殺気立った瞳で睨まないようにだけ気をつけましょう。

やっぱり子供が1番のマッサージ

投稿日 2015年4月16日 木曜日

コメント コメント(0)

最近は出張マッサージと言っても、さまざまな種類がありますよね。あまり施術を受けたことはありません私ですが、唯一経験済みなのがフェイシャルマッサージです。
あの、顔の皮膚が引っ張られる感覚にはまり、お家でも湯船につかりながらまったりとマッサージなんかしてしまいます。正直言うと、どんな効果あったのかはよくわかりませんが、あの気持ちいい感覚がいいんです。しかし、そんなマッサージよりもハマったものが1つだけ。わが子にしてもらうマッサージです。パソコン作業で体がガチガチになった時、「マッサージしてやるよ」と、肩や背中をもんでくれます。決して上手だとはいえませんが、親としてこれ以上に幸せなことはありません。この子を産んでよかったと、心底思えてくる瞬間です。そりゃ他の家の親子のように、喧嘩もしますし、いろいろトラブルだってたくさんあります。けれどこんな風に子供に労わってもらえると、嫌なことも悩みも、なんてくだらない事なんだろうと思い知らされてしまいます。もしも本当に癒しを欲してマッサージをされるのならば、まずは家族や友人とのコミュニケーションについて見直してみてはいかがでしょうか。
どんなに高くてクオリティーの高い出張マッサージなんかよりも、はるかに高いマッサージ効果を得られるのではないでしょうか。

初めての足つぼ出張マッサージ

投稿日 2015年4月07日 火曜日

コメント コメント(0)

数年前、アルバイト先の職場の先輩と足つぼマッサージにいきました。
初めて行くにあたり何もわからなかったので、
インターネットで調べて、値段も手ごろで職場から近いところに行こうということになりました。
詳しくネットの内容を見ていなかったので、行ってからそこはタイ古式の足つぼマッサージだということを知りました。
お店は小さなショッピングセンターの一角にひっそりとあり、
最初は問診票のようなものを記入してから施術に入りました。
施術してくださる方は皆さんタイの方のようでした。
日本語は片言話せる程度で、施術中は会話もほとんどありませんでした。
マッサージ中、会話をあまりしたくない私にはありがたかったです。
私はてっきり手だけを使って行うものだと思っていましたが、
足裏のマッサージの際にはツボ押し棒のようなものを使用しての出張マッサージでした
棒を使ってツボを押されると、とても痛かったのですが
施術してくださる方との会話がない分、痛いとも言えずじっと我慢していました。
後々考えるとあれは痛気持ち良かったんだなと思いました。
最後にお茶を出され、それを飲んで帰ってきました。
帰る途中なんだか体がすっきりしていました。
これはきっとあの痛さに耐えた効果なんだなと思いました。

整体師を目指している友人にしてもらった出張マッサージ

投稿日 2015年4月03日 金曜日

コメント コメント(0)

私が中学生の時に同級生の友人に整体師を目指している友人がいました。
その友人は家の近所にある整体師の先生のところによく通っていて整体マッサージについて勉強していて教えてもらっていました。
その友人に中学生の時始めて肩のマッサージをしてもらいました。
私は自分では全く気付いていなかったのですが、すごい肩がこっているはっていると言われました。
やはり日頃から勉強している人はすぐ触っただけでわかるんだすごいなと思いました。
その友人の肩のマッサージはとても気持ちよく肩が少し楽になりました。
それから肩がこったりするとその友人にやってもらっています。
やっぱり自分でもんだりするのとは全然もんだあとの感じが違くて友人にしてもらったときのほうが気持ちいいし肩のこりも取れてすっきりします。
その友人は高校生のときに整体師の夢を諦めて今は美容室で美容師として働いています。
今でも中学生の時に通っていた整体師の先生の所には通っていてたまに出張マッサージについて教えてもらっているらしいです。
また会った時にはやってもらおうかと思っています。
その友人にやってもらうと他の人にはあまり頼めなくなります。
私はお店のマッサージに行ったことはないのでどんな感じかはわかりませんがその友人のが一番だと思っています。

出張マッサージ店に行ってみました

投稿日 2015年3月28日 土曜日

コメント コメント(0)

複合施設内にあるクイックマッサージで有名な全国チェーン展開をしているお店にてマッサージを受けました。いわゆるサロンと言われるようなお店ですとかしこまった感じがして中々足を運べなかったのですが、複合施設内にあるので買い物ついでに入りやすいという事と15分1500円という安さに魅かれてそのお店を利用しました。色んなコースがありましたが、目の疲れが特にひどかった時でしたので、30分フェイスコースを選びました。目の周りを中心に、こめかみや頭全体、そして首から肩にかけてハンドマッサージをして貰いました。
自分でもマッサージをしたりしますが、専門のスタッフさんによるマッサージは気持ち良さが全然違いますね。適度な強さで凝り固まった部分をピンポイントで押してくれますし、しっかりと体の構造に基づいた手順での出張マッサージですので、施術中から効果を実感しました。あまりの気持ち良さについうとうとと居眠りをしてしまいまして、危うく本格的に寝てしまう所でした。出張マッサージとしては30分という時間は短い部類に入るとは思いますが、終わった後はあの体の疲れが嘘だったかのように体が軽くなっていました。予算の関係もありまして今回は体の一部しか施術を受けていませんが、今度は全身コースを受けたいと思います。

都内にあるホテルの出張マッサージにて

投稿日 2015年3月27日 金曜日

コメント コメント(0)

もう数年前の話です。都内のホテルでマッサージ施設があり、出張マッサージ好きな私ははりきって予約し、指定の時間に受けに行きました。他にも数名施術を受けている方がいて、仕切りはないけどそれぞれ距離をおいて、おたがいが気にならない程度の空間はありました。
たしか、私には30代くらいの女性店員が施術してくれたと思います。問題はとくになかった、と思うのですがあまり覚えておりません。
少し離れたところで施術を受けていた5~60代?のおばさんが突然「もう、いたい!!やめて!もう我慢できない!!」と叫びだしたのです。この施設全体にはりつめた空気が流れ、私もびくっとしました。私を施術していた女性のかたの手もとまり、様子を伺ってるようです。おばさんは「もう、さっきからずっと痛いけど我慢してたの!あなたのやり方はなんなの?力いっぱいやるだけでマッサージじゃないわ!!!」などと叫んで猛烈に怒り続けていました。そのおばさんをマッサージをしていた店員は・・とてもとてもかわいそうで、私は顔を見ることすらできず固まっていました。女性なのか男性なのかもわかりません。声も全然聞こえませんでした。
そのうち、私を施術していた女性店員も「ちょっと失礼します」と私から離れてそのおばさんの元へ行ったようでした。「申し訳ありません」「大変失礼いたしました」などと数人の方が謝る声が聞こえ、おばさんは「最初からへんだと思ってたのよ!なんであんなに強くやるの?」などと怒り冷めやらず。「もういい!帰るから!!」と怒鳴り倒して帰ってしまったようです。
残された私たちや店員・・なんとも気まずい重い空気が漂っていました。「お客様、大変ご迷惑をおかけしました」と私に言いつつ、
女性店員が戻ってこられたけど「いえ・・」と答えるしかできず。私からこの話題を蒸し返す勇気もなく、女性店員もその話題には一切触れず、重い空気のまま終了となりました。このときに私がうけたマッサージの記憶、まったくありません・・そのおばさんも、ただのクレーマーというわけではなさそうだったのですが、だったらもっと早く「痛い」って伝えればいいのに・・。それこそお金払って受けるんだから、出張マッサージの場所から強さからやり方から、きっちり指示すればいいのにと思いました。
突然の噴火のような大爆発して、周りを緊迫状態にしてさっさと帰っちゃうなんて!おかげでこちらはマッサージ受けた気もせず、
どんよりした空気のまま終わってしまいましたとさ。

検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

マッサージの体験をもとに一番いいお店を紹介